DSC05442

色のない世界。

この間 真っ白い服を着ていてふと思った事。

私たちの周りには たくさんの色がある。

街に出てみれば 何とも鮮やかで にぎやかで

意識して見てみると 目がちかちかしてくるほどに

色んな色がちりばめられている。

 

この色とりどりの世界が

突然 色のない 真っ白な世界になったら どうだろう。

見渡す限り真っ白な風景に

色んな色を想像出来るかもしれないし…

 

でも 真っ白な世界には 色の概念がないから

色を想像するなんて 出来ないかもしれないし…

う〜ん。

 

ん? もしかしたら世界は広いから

色のない世界が あるかもしれない゚+。:.゚(*゚Д゚*)

 

調べてみたら 『ミクロネシア島』

という小さな島がでてきた。dv381003

 

とても鮮やかな海に 豊富な緑…

どこが真っ白な世界だって思ってしまったけど

さらに調べていくと…

 

この島に住む約10人に一人が全色盲という目の病気で…

つまり この島に住む人達には

鮮やかな青も緑も 全て白か黒にしか

見えていないみたいで…

 

そしてそれが 特別な事として扱われている訳じゃなくて

全色盲が当然として扱われているようで…

 

だから全色盲で生まれてくる子ども達も

色のない世界を当たり前に感じ

健常者も それをごく自然にとらえる…

 

何が健常で何が健常じゃないかなんて

どうでもよくなっちゃうような…そんな世界。

 

不思議な世界。

白黒に見えてる人も 鮮やかに見えてる人も

別に普通に暮らしてる島。

やっぱり不思議。

 

健常者にしか分からない景色もあれば

全盲者にしか分からない景色もある…

不思議。
DSC05442

 

自分の中の『当たり前』を考えさせられました。

世の中の『当たり前』

その人の『当たり前』

それが

全部違って『当たり前』

なのかもしれないですね。